10月例会

皆様、こんにちは。

姫路経営研究会 拡大広報委員会です。

2017年10月6日(金)に10月例会を開催致しました。

今回の講師は東海バネ工業株式会社 代表取締役 社長 渡辺良機氏にご登壇を頂きました。

タイトル

【多品種微量生産、値引きなしで儲かるバネ屋へ すべては経営理念から】

140名を超える地域の皆様と一緒に講演を聴いて学びました。

先ずは姫路経営研究会を代表して会長挨拶です。

藤井会長は多くのエビデンスを述べられて、経営革新をしなければ企業継続ができない時代。何かヒントをつかんで頂きたい。

そんな挨拶から例会が始まりました。

10月例会を担当するのは経営理念委員会です。

杉本委員長の趣旨説明です。

例会の設営準備から出欠確認、リハーサルまで

しっかりと活躍されました。見事な設営で

混雑もなく、引き締まった姫路経営研究会らしい場を創って頂きました。

どんな話になるのか、ワクワクしていましたが、、渡辺社長の明るい人柄、明確な考え方が最初から表れていました。やっぱり実践してきた話は違います。

皆さん熱心に聴きこんでいました。

とにかく実践すればチャンスはたくさんある。

言葉を選ばず、心に届けてくれる話し方が一体感を生んだようにも感じました。

アッと言う間の95分。早かったです。

他がやらないことにこそチャンスがある!

社長はぶれたら社員皆が迷う!絶対に曲げるな!そんな内容でした。

玉田副会長が謝辞を述べられ、思いのこもった内容を講師に伝えると、

講師もニコニコ。お人柄のよい渡辺社長だとつくづく感じました。

講師に記念品を贈呈致しました。

講師退席されましてから

喜多村監事の講評です。

今年外部のオブザーバーを呼び入れての例会が最後ということで

いつも足を運んでくださる社員さん、熱心な地元経営者様に

感謝を述べられました。

10月例会は以上です。 後は実践するのみです。懇談会にも時間の許す限りご参加下さり、オブザーバーの質問にも熱心に答えて下さりました。他の会社様にもよくなって頂きたい。その想いだけでした。感謝です。

今回は多くの気づきがそれぞれにあったのでは。そのような懇談会でした。

懇談会の最後、赤鹿監事が話をまとめて下さり、実践してきた方の話は値打ちがある。是非私達も業績で証明しよう!

お疲れ様でした。としめて下さりました。

東海バネ工業株式会社 渡辺良機社長 ご講演ありがとうございました。

10月例会にご参加下さりました皆様、ありがとうございました。

設営をして下さった経営理念委員会の皆様、ありがとうございました。