8月の活動報告

皆様、こんにちは。
 
8月20日に例会&総会を開催しました。
 
リアルではまだ難しいので、Zoomでの開催となります。
オンライン会議、大活躍です。
 
例会では、コロナ禍での経営について、
株式会社 赤鹿地所 代表取締役 赤鹿保生氏にご講演いただきました。
 
お題は、ズバリ 『コロナを生き抜く経営力 ~機会と捉える経営者の目線~』
 
コロナによる経済の指標からの分析から、仲間の経営者の取組内容を事前ヒアリングと分析を重ねて、赤鹿さんの解説が加わった素晴らしい内容。
 
ご協力いただいた会員企業の株式会社 光百年 武本社長、
株式会社マインズ 河本社長もありがとうございました!!
 
株式会社赤鹿地所 赤鹿社長の事例もコロナ禍でもできること、やるべきことをやり抜く姿勢、長期的視点を持ち、次への準備を行う方針に沿って、やり続ける姿勢。このタイミングだからこそ、心にビンビンと伝わる内容でした。
 
 
そしてイノベーションを行うためには、他社との協力体制を構築していく、オープンイノベーションこそ時間的視点とノウハウ的視点で重要であることを確認できました。
コロナの中でも取り組みのスピードを落とさない経営に興味のある方は、
是非ご連絡をください。
 
ありがとうごいます。