日創研 姫路経営研究会

2022年度
日創研姫路経営研究会 会長方針

タイトルの背景 タイトルの背景

自己の成長と自社の発展のために!
「志が高く、
強い姫路経営研究会になろう!」

はじめに

大きな志を持った47名の方々により日創研姫路経営研究会が設立されてから10年、設立当初は東日本大震災後で未曽有の危機がありましたが、姫路経営研究会の会員の皆様が「共に学び共に栄える」という一つの理念を運動に変え、我がまちの活性化組織として風を起こし続けたことで、姫路経営研究会は今日まで82名の同志を有する会へと成長してまいりました。そして10年が経った今、新型コロナウィルスの感染拡大によって外部環境が地球規模で激動し、また大きな危機に直面しています。
危機に直面している今だからこそ、私たちはこれからの10年を見据えてさらに学び続け、ピンチをチャンスに変え、経営革新を成し遂げ目標実現にコミットメントする強い経営者へと成長していく必要があると考えます。そのためには、大きく革新した可能思考メソッドや本部研修を受講することで、新たな気づきと学びを通して志を更に強化していきたいと思います。
「何のためにこの命を使うのか」「何のために経営するのか」「何のために経営研究会で学ぶのか」志高く強い経営者が集い学び続け、自己の成長と自社の発展を通して我がまち播磨・但馬地域に貢献する組織。それが、私が目指す日創研姫路経営研究会の組織像です。
本年度、田舞本部会長方針である「経営の原点に戻る・いま仲間の為に何ができるか」を実践するために、次の6つの活動方針の下、リハーサル体験を通して互いに切磋琢磨して高め合い、強靭で広く支持されるグリットカンパニーを創り、模範となる強い経営者が集う組織を目指します。

日創研姫路経営研究会 会長松 本 彩 稔

松本彩稔会長の写真 松本彩稔会長の写真

2022年度 会長方針

  • 学びを共有し互いを高め合う委員会づくり
    (委員会運営)
  • サクセスパートナーを増やそう
    (総務拡大委員会)
  • 健全な価値観(人生三観)を持つ経営者づくり
    (ありがとう経営推進委員会)
  • 志と念いを口動できる経営者づくり
    (リーダーシップ委員会)
  • 志の高い経営者づくり 経営理念の確立
    (経営理念委員会)
  • 念いをかたちにし、数字に強い経営者づくり
    (経営戦略委員会)
  • 定量目標①
    正会員率100%【SA・SC・SGA全て、全会員修了】
  • 定量目標②
    例会の平均出席率:90%
  • 定量目標③
    会員拡大3名【可能思考メソッドへの誘導18名】
  • 定量目標④
    本部研修受講率60%
  • 定量目標⑤
    委員会出席10名以上

終わりに

日創研の可能思考研修を受講してから2年後、27歳で創業してから幾度もの苦難に遭遇し、その度に共に学ぶ仲間からの激励やアドバイスによって今日まで学び続けてくることが出来ました。

たくさんの苦難や痛みを知る私が、この逆境の時代に大役を与えられたことに深く意味があると感じております。新型コロナウィルスの出口が未だに見えない時代ではありますが、姫路経営研究会全員が一丸となってチームワークに磨きをかけ、可能思考メソッドで培った「できる思考」でわがまち姫路と兵庫の魅力を存分に発揮するための準備を進めることで、姫路経営研究会のさらなる組織強化と活性化につなげていきたいと考えています。そして、仲間に寄り添い、暗闇の中を照らす灯台のような存在になれるよう、自らが率先して学び続け姫路経営研究会の活性化を図ってまいります。
「苦しい時こそ思い出せ!共に勝つ!」会員諸兄皆様の力強いご協力、ご支援を心よりお願い申し上げます。

2022年度 日創研姫路経営研究会
年間行事予定表