日創研姫路経営研究会 8月例会のご案内

この度は岡山を拠点に全国9店舗を展開する株式会社ボクデン代表取締役社長景山良康氏を講師にお招きし、人材育成、企業風土、ボクデンの目指すべき姿、という3つのポイントから景山流の組織活性化の流儀を学びます。

講師紹介
株式会社ボクデン
代表取締役社長 景山良康 氏

19歳の時、岡山市で串焼屋を創業。業種転換・差別化を図りつつ成長展開し、2002年にはボクデン銀座店をオープン。
通常浸透していない食材に目を向け、数々のヒット商品を開発し岡山を拠点に広島・銀座・北海道の9店舗とも、行列のできる人気店となっている。
料理人の育成に苦労したことから、未経験者を積極的に採用し、短期間で人材育成を行うスペシャリストとしても知られる。
2008年から、北海道ボクデンファームを始動。野菜の生産からお客様が各店舗でお召し上がりになるまで一貫して食の品質・安心・安全性を確保するというミッションを実行し、そのビジネスモデルに注目が集まっている。
日創研経営研究会本部副会長を務め全国各地で講演を行っている。

参照:株式会社ボクデンホームページ