2017年度副会長方針(玉田)

日創研姫路経営研究会 2017年度副会長方針

日創研姫路経営研究会

副会長 玉田 尚之

「経営者の責任、結果にこだわる実践へ」

 会長方針を受け、「経営者の責任」理念と経営の追求は経営研究会が推奨する、社内勉強会の導入率を上げることが不可欠です。経営者と社員のコミュニケーションツールとし、業績向上の糸口を掴んでいきましょう。
 経営計画勉強会も回を重ねる毎に進化してきました。私は会員企業によりよい結果が出せる、実践勉強会が出来るように、私は会員さんとのコミュニケーションを大切にし、姫路経営研究会が共に学び共に栄えるようにサポートします。
 今期は委員会メンバーの会社訪問を推進していき、経営課題に本音でお互いが取り組み、委員会が活性化できる様にかかわって行きます。参加された会員が「価値ある会」と評価して頂き、更に「結果にこだわる」学びの場になる様に支援していく為に、情報を共有し、座談30やSNSを私が自ら実践し協同の自発性が生まれるようにかかわり、委員会の目的と目標に向け全力で行動し、必ず良かったといえる結果にコミットします。