2017年度副会長方針(上田)

日創研姫路経営研究会 2017年度副会長方針

日創研姫路経営研究会 

副会長 上田 文雄 

「外部環境に立ち向かい差別化戦略の挑戦」

 本年度、会長方針「一人ひとりにとって価値ある経営研究会を目指す」ためにも、2018年の不況問題の外部環境に立ち向かわないといけません。そのためにも沢山の良い情報を集めることが重要です。学びの場ではなく、異業種・同業種の情報を活用し、差別化戦略していく経営研究会であるために全力で会長の補佐役を担い、サポートしていきます。姫路経営研究会の事業には多くの会員企業の社員さんが参加してくださいます。幹部社員さんと共に人材育成の大切さを学び、委員会事業を通し幹部さんや社員さんの思いが分かる経営者になるために、現場力・管理力・社長力の三位一体の経営をリーダーシップ委員会と総務委員会の事業の架け橋となり、そして会員社員さんが沢山参加して頂けるように企業訪問を行います。そして拡大広報委員会には魅力ある事業と、WEBでの会社の仕組化と情報発信ツールの活用し、結果が出せる組織のための幹部育成と新しい経営者の仲間づくりを応援し、会長方針の会員数100名達成のために、例会や事業に参加されたオブザーバーの方へのクロージングフォロー訪問を行い目標達成に導いていきます。副会長として担当例会などは全体を把握し、総監督役の意識を持ち事業の目的成功をさせていきます。