2017年度 総務委員長方針

日創研姫路経営研究会 2017年度総務委員長方針

日創研姫路経営研究会

総務委員長 大野偉貴

「社員さんと共に仲間から学ぼう」

【委員会運営方針】
 本年度総務委員会では、「経営研究会に入って良かった」と思える会風作りに取り組みます。そのためには、成果が出る学びが不可欠であり、業務向上につながらなければなりません。
 そこで、まず総務委員会では、即成果のでる行動を学ぶ場として、ありがとう経営を実践している「会員企業訪問事業」を行います。即成果のでる行動を学ぶには、成果を出している会員企業から学ぶのが近道であり、そのために、経営者だけではなく経営幹部・社員さんと共に学ぶことで、即成果につなげて頂きます。さらに引き続き「座談30」を行うことで学びあえる経営研究会にし、活性化を担います。また、経営において必要不可欠な知識でありながら学ぶ機会の少ないものが財務であります。この財務をあわせて学ぶことにより自社が今どの状態にいるのか、現状を分析する力を身につける「財務勉強会」を開催いたします。「財務勉強会」「会員企業訪問事業」「座談30」の3つの事業により、会員企業の向上に寄与し「一人ひとりにとって価値ある経営研究会」の実現に近づけます。
 委員会運営においては、総務委員会といえば裏方的なイメージを抱かれますが、姫路経営研究会では活性化を担う委員会となっています。そのためには、まず総務委員会が活性化していなければなりません、本年度は、委員会メンバー相互の交流を通した学びの共有をはかり、成果のでる総務委員会を目指します。総務委員会でよかった、と思える委員会運営を行います。

【事業目的】(本年度ゴール)
 1.会員企業の経営研究会への参加や業績、会員相互交流への寄与に応じ褒賞を行う。
 2.財務勉強会の開催
 3.即成果のでる会員企業同士の学びの場の提供(会員企業訪問事業)
 4.新入会員が経営研究会に入って良かったと思えるオリエンテーションの開催

【事業計画】
 <1月~12月>
  褒賞制度の運営
 <2、8、12月>
  総会の開催
 <3月>
  財務勉強会の開催
 <5、11月>
  新入会員オリエンテーションの開催
 <年3回>
  会員企業訪問事業の開催
 <12月>
  12月例会の開催
 <年12回>
  委員会、委員会勉強会の開催