2018年度 拡大広報委員長方針

日創研姫路経営研究会
2018年度拡大広報委員長方針

日創研姫路経営研究会

拡大広報委員長 梶 昭史

 

 

「共感できる仲間と共に更なる和の拡大に挑戦しよう!」

今後、我々を取り巻く経営環境は予想も出来ないようなテクノロジーの進歩でビジネスそのものが淘汰される時代となります。だからこそ志をひとつにした仲間が必要だと強く感じています。危機感を持って経営を行い学べる仲間が一人でも多いほうがイノベーションのチャンスが広がります。
そこで本年度、拡大広報委員会ではこれまでの取り組みの良いところであった、一年を通しストーリー化した年間行動計画を作成します。 オブザーバー情報を横の繋がりによって各委員長と共有する仕組みを創り 、全体事業としての会員拡大の進捗管理をしていきます。会長方針である5まめ (足まめ、口まめ、出まめ、筆まめ、世話まめ)を実践しオブザーバーへのアプローチを積極的に行い、会員拡大9名を達成します。
「ホームページでの情報配信とWEB広報」ではSNSを駆使した広報活動で姫路経営研究会の魅力を発信します。具体的には例会や事業を対外に発信し姫路経営研究会の活動内容の更なる認知を促進していき、会員には 委員会活動や座談30など 「和」の拡大になる広報活動を実践します。
委員会運営については、各々の会社で委員会を開催し、メンバー同士が意見交換しながら 経営革新のヒントが得られるような 委員会にして参ります。

【事業目的】(本年度ゴール)
1.ホームページ更新
2.SNSを使っての広報活動
3.会員拡大9名
4.4月例会の開催
5.全国大会in北九州の参加促進および取り纏め

2018年度 活動方針