特別例会

1年で一番大きなイベントの6月特別例会が姫路市民会館で催されました。

松原講師の講演も素晴らしく、当社から参加した社員たちも非常に沢山の学びが有ったようで、

「非価格競争になるように顧客様が絶賛する、商品、サービス、組織風土にしていきます。」

「勉強会ありがとうございます。貴重な経験をさせていただき、もっともっと自分が成長して行かなければならないなと考えさせられました。お店の為に、お客様の為にこれからも もっともっと頑張ります‼」というようなメッセージをいただきました。

講演会後の懇談会も過去に例が無いほど参加していただき、宴会場だけでは収まらず、個室も全部貸切になるほどの大盛況でした。

そこでも、松原講師を中心に、美味しい料理とお酒とともに経営談義が盛り上がり、非常に学びの多い懇談会になりました。

みんなが食事を楽しんでいる間に、リーダーシップ委員会の皆さんが、写真やありがとうカードをアルバムにまとめて、松原講師がおかえりになる前に完成させてプレゼントさせていただきました。

姫路経営研究会のメンバーの行動力とスピードは素晴らしいです。

「共に学び共に栄える」の理念があちらこちらであふれていた1日でした。

 

4月例会「人が人財に変われば業績も変わる!!」

2018年4月4日(水)姫路経営研究会4月例会「〜人が人財に変われば業績も変わる‼︎〜」が行われました。

 

講師には、現日創研経営研究会本部レクチャラー・日創研大阪マネジメント研修のディレクターであり、我が日創研姫路経営研究会初代会長でもあります株式会社赤鹿地所 代表取締役社長 赤鹿保生氏をお招きし、社内で実践している人財育成のポイントを惜しみなく講演頂きました。

 

外部環境が著しく変化していく中で、強固な経営をしていくには組織力が大切。

人は弱い生き物で、環境によって良くも悪くも変わってしまう。評価される側にもわかりやすく定量化された評価制度と進捗状況の可視化が人財育成には必要。

 

 

あっという間の90分。聞いていた日創研経営研究会メンバーも自身の現状と重ね合わせ、気づき、感じ、学ぶことができた、とても素晴らしい例会でした。

 

 

経営でお困りの方、経営者として孤独を感じ、悩みを共有できる仲間を必要とされている方、真剣に経営をし、業績を向上させたい方々

 

 

 

是非、日創研姫路経営研究会で私達と共に学びましょう‼︎

3月例会「白熱教室~姫路経営研究会の未来~」

平成30年3月7日 姫路商工会議所501会議室にて日創研姫路経営研究会3月例会「白熱教室~姫路経営研究会の未来~」が開催されました。会員限定ならではの本音をぶつけ合うまさに白熱した例会となりました。

成長し続ける集団の健全な状態とはどちらでしょうか?

①一つのことを同じ様に感じ、同じ方向を向かせる

②同じことでも様々な感じ方を共有し、多様な意見に耳を傾ける

是か非かを問われ、決まった答えを求めることはある意味安易な道。否定的な意見の奥に隠れる打ち明けれない悩みや押しつぶしている思いに光を当て、真の悩みを解決する方法を一緒に考え進む方向を指し示すことが出来るとしたら?むき出しの心と心がお互いを磨く。理念や価値観を共有する会員同士だからこそ出来ることがあると実感した講演内容でした。

設問1)姫路経営研究会は自社の業績向上に役立っているか?

設問2)日創研の研修を自社の経営に活用できているか?

共に学び共に栄える理念のもと集まった仲間に、実際のところを本音で答えてもらう機会を創ることは非常に恐ろしく聞く側にも覚悟を強いることだ。

あえてそんな場を設けてくれた執行部と設営陣の本気を感じた。

2011年の設立から7年目を迎え新たなステージに入った我々は、成功体験は共有し自社の環境に落とし込み、同業他社にない新たな商品サービスを生み出す源泉とする。問題提起に対しては受け止め共感し、原因を究明し解決策を探っていく。全く本音を出すことは難しいが、表面的ななれ合いに満足することはない。まさに切磋琢磨する集団へと成長を続けています。

厳しさを増す経営環境において、姫路経営研究会の担う役割の大きさをひしひしと感じているメンバーが次に準備する講演は、4月例会「人が人財に変われば業績も変わる!!」です。本日の白熱教室をコーディネートした赤鹿地所 代表取締役社長 赤鹿保生氏による講演です。実際に社内で行われている人材育成のプログラムや人事評価制度などを公開した実効性の高い講演内容を鋭意準備中!!

https://www.facebook.com/events/370605350016095/

フェイスブックイベントページの他にも上記のチラシを印刷のうえ必要事項ご記入頂きFAXでも参加受付しております。

経営について孤独に悩み一人きりで頑張っているあなた、仲間や社員とも一緒に学べる姫路経営研究会に是非ご参加下さい。共に学ぶ仲間が必ず力になります!

2月例会 経営者の一念~経営理念が人をつくる~

2月16日(金)2018年姫路経営研究会初のゲスト、社員さんをお招きした対外向け例会「2月例会 経営者の一念~経営理念は人をつくる~が行われました。

沢山の方にお運び頂きました。ありがとうございます。
会場も満席状態

会長挨拶~趣旨説明

講師に株式会社 王宮 代表取締役社長 橋本 正権氏をお迎えし、経営理念の浸透と業績向上の関係性を豊富な事例を踏まえ惜しみなく講演頂きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

経営理念と聞くと思いや熱意と言った一面が強くでることがございますが、橋本氏の経営される王宮グループは道頓堀ホテルに代表される様に異質化戦略により社員お一人お一人が自発的自律的に考え行動されておられることが伝わって参りました。経営理念が社内全体の行動基準、判断基準として機能されている。大変素晴らしいことに感じました。

使命感のある経営者に会社を通して社員さんがやりがい、生きがいを与えてもらい自信を持って活躍できる。こんな素晴らしい環境を整えることが出来る経営者が我々、日創研経営研究会のメンバーにおられることを誇りに感じる素晴らしい例会でした。

講演に引き続き、近畿ブロック2位の成績をおさめた朝礼チームのデモンストレーションも行われゲストの方からも非常に好評でした。

また質疑応答の機会を設ける懇談会でも、ゲスト様や会員の質問に時間ギリギリまでお答えくださり、さらに深く学ぶ機会も頂きました。共に学び共に栄える素晴らしい仲間に深く感謝する一日でした。

経営でお困りの方、経営者として孤独を感じ悩みを共有できる仲間を必要とはしていませんか。播磨地方で真剣に経営をされさらに業績を向上されたい方は是非

日創研姫路経営研究会で一緒に学びましょう!!

2018年1月例会

 

新年、明けましておめでとうございます。

日総研姫路経営研究会は、
『方針プレゼンテーション&新春懇談会』
~仲間と共に経営革新への挑戦~
と、題しまして2018年最初の例会を行いました。

また、玉田新会長の船出の例会でもありました。

初めての会長としての挨拶。経営革新へ挑戦する一年!!
玉田会長らしい素敵な挨拶でした。

歴代会長の鏡割り。

そして、今例会のメインイベントの一つでもある、各委員会の方針発表のプレゼンテーションも盛大に執り行われました。

各委員会、趣向を凝らして今年度の方針を発表していきました!!

女性陣も渾身の演技です!!

   観る方も楽しみながら、各委員会の今年の目標を理解できました!

北村委員長、戦略委員会の皆さん、素晴らしいキックオフ例会の設営ありがとうございました!!

笑いあり涙ありの楽しい中にも、各委員会の本気度がわかる
素晴らしいプレゼンテーションでした。

 

2018年も日創研姫路経営研究会をよろしくお願いします。

2017年度10月例会のご案内

この度は「多品種微量生産、値引きなしで儲かるバネ屋へ -すべては経営理念から-」と題して、東海バネ工業株式会社(大阪市西区)代表取締役社長 渡辺 良機氏を講師としてお招きして経営の極意を学びます。

 東京スカイツリー最上部の制振装置、深さ6500メートルの海底に挑む潜水調査船、原発、人工衛星など、高い性能を求められるバネを提供し、存在感を発揮してきた東海バネ工業(大阪市西区)。大量生産、薄利多売の逆を行き、多品種微量生産、値引きなしをモットーに、会社設立以来74年連続で黒字経営を続けている。
 32年前、創業者の先代から経営を引き継いだ渡辺良機社長は「他社がやりたがらない仕事を引き受け、値引きしなくても買ってもらえる商品を作ることが使命」だと語る。

■ 講師紹介
 東海バネ工業株式会社
 代表取締役社長 渡辺 良機氏
 1945年 大阪府生まれ
 1984年 社長就任
 2012年 藍綬褒章 受章

■ 学びのポイント
 経営理念を浸透させるという経営者の決意
 社員さんと真剣に向き合うことで起こるイノベーション
 コアコンピタンス経営の確立に至る経緯

製造業はもちろん、あらゆる業種に通じる我々中小企業のあるべきビジネスモデルを学べます!