日創研 姫路経営研究会

例会・勉強会情報

タイトルの背景 タイトルの背景
案内ダウンロード

2014年2月10日(月)

2月例会の振り返り

みなさまのご参加心よりお待ちしております。

2月7日の白川洋平氏による『マーケティング3.0で未来を創れ』を今回例会の講師選択から担当した小
林写真館を経営する小林大祐さんの視点で振り返ってみたいと思います。
なぜ、白川講師だったの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで、少しでも多くのお客様に幅広くご来店いただける店作りをしてきました。しかし、ふと周りを
見ると、どことも同じものを販売していて、自分たちで、何をお客様に販売しているのか、なぜ、お客
様は自店にご来店くださるのか、お客様から見た自社の強みは何なのか・・・。迷っていました。そこ
で、オーガニック商品全国No1シェアを持つ、ナチュラルハウス白河講師の話から、何か自社の強み、
他社に負けない絶対優位性を作り上げるヒントとなり、経営計画書に盛り込み、自社をより良い形にし
ていきたいと思い、講師選択を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マーケティング3.0とは、製品主体や顧客主体のマーケティングではなく、「価値主導」のマーケティン

グあり、今からは価値の時代なので、マッチしたマーケティングである。白川氏は入社後、無添加自然
食品を販売していたが、本当に大切なものは何かと考え、オーガニック食品に特化し、ターゲットを絞
り込んで取り組んでこられた。マーケティングは最終的に、自社ブランディングであり、スタッフの幸
せのためである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかに商品を絞り込み、誰に売るか、誰に売らないかを決定することが大切かということを学びまし
た。君たちの先に道はない、君たちが道を創れ!今自社は変革期だと感じています。どこで購入して
も同じという状況で何故自店からお客様は商品を購入していただけるのか、その理由は何なのか。そし
て、価格ではなく自社で購入する価値は何なのかを深掘りし、全ての印刷物に掲載していきます。自社
の思いに共感してくださるお客様を自社のお客様だと定義して、お客様にかかわっていきたいと思いま
す。写真撮影で得られる経験体験を一生に1冊の宝物とともに・・・。

 

小林‘s まとめ
今回の講演を聞き気づいた事はどんな事にも新しく挑戦する前向きな気持ち、社員さんや生産者さんと
共に創りあげる強い気持ちを感じました。オーガニックを極め、定着させるために全力を注ぎ戦略的で
ありながら人を大切にし、進める温かさに同じ経営者として尊敬する部分が多く参考になりました。
共に学びの時間を共有していただいたことに深く感謝申し上げます。
次回も是非ご参加ください。ありがとうございました。

 

参加方法はお知り合いの
日創研姫路経営研究会会員にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせは…
【事務局 】電話 079-490-5771(担当:武本)

最新のお知らせ情報